水芭蕉が咲く尾瀬をハイキング



1泊2日の尾瀬ハイキングツアーです
ハイキング直前まで雨が降る天気だったけど
湿原に咲く水芭蕉がとてもきれいでした^^




水上高原

6月4日は、大阪から金沢までJR特急、金沢から水上高原へ観光バスで移動し、16時頃に到着しました。
宿泊した水上高原ホテル200は、周囲を大自然に囲まれてとても気持ちよかったです。
冬はスキー、春〜秋は尾瀬観光の拠点として便利です。尾瀬にはシャトルバスが発着します。
大阪駅 特急サンダーバード
大阪駅から金沢まで乗った特急サンダーバード号
水上高原
水上高原 水上高原
部屋から見える雄大な景色 ホテル周辺と敷地内の美しい白樺林
尾瀬

尾瀬国立公園は、福島、栃木、群馬、新潟の4県にまたがる山岳地に位置しています。なかでも尾瀬ヶ原は”尾瀬のイメージ”に近い湿地で、春から秋にかけてミズバショウやニッコウキスゲなど多くの湿原植物に彩られます。豊かな自然が残る尾瀬は、1934年に国立公園に指定されました。尾瀬ヶ原は標高1,410m、東西約6km、南北約2kmの大湿原で、周囲を至仏山、景鶴山、燧ケ岳、アヤメ平の山々に囲まれた大高層湿原です。

水上高原の宿を7:00発のシャトルバスに乗って約1時間で「鳩待峠」です。ここからハイキングのスタートです。高低差200m、歩く距離は8km程度です。あいにく雨が降っていたけど、ハイキングの開始と同時に雨は上がってくれました^^
滑りやすい石畳や木道を慎重に下りていくと、1時間ほどで尾瀬ヶ原に到着しました。広大な湿原には木道が伸び、水芭蕉が美しく咲いています。周囲の山には残雪も見られます。最高に美味しい空気と美しい景色を楽しみました^^
尾瀬・鳩待峠 尾瀬・鳩待峠 尾瀬
ハイキングのスタート地点”鳩待峠” 最初に急な石畳を下ります
尾瀬 尾瀬 尾瀬・山の鼻
このコースはほとんどが木道です 木道とミズバショウ キャンプ地でもある”山の鼻”
尾瀬 尾瀬 ミズバショウ
ミズバショウとリュウキンカ 緑尾瀬ヶ原を流れる小川 ミズバショウ
尾瀬ヶ原 尾瀬ヶ原 尾瀬ヶ原
湿原を見ながら木道を歩きます ミズバショウの群生 尾瀬ヶ原に伸びる木道
尾瀬ヶ原 尾瀬ヶ原 尾瀬ヶ原
群生するミズバショウがきれいな尾瀬ヶ原 池に映る至仏山
back



Photo AlbumへGO!
(新しいウインドウが開きます)