タイトル




愛・地球博

2005(平成17)年3月25日〜9月25日の185日間、名古屋東部丘陵(長久手町・豊田市、瀬戸市)で開催されています。
愛・地球博は、地球の過去・現在・未来がぎっしりつまった宝箱。愛・地球博の大きな特徴は、メインテーマに「自然の叡智」を掲げていることです。環境に配慮した会場作りや交通手段、新エネルギーなど、環境を守る工夫がされています。愛・地球博のテーマ館「マンモスラボ」では、約18,000年前のマンモスを冷凍状態で保存されています。人気の企業パビリオンでは、さまざまな体験や迫力ある映像で楽しむことができ、外国パビリオンでは、世界各国の様子を知ることができます。21世紀最初の日本での万博。日本を知り世界を知ることができるってすてきですよね^^
会場入口
リニモ

リニモはHSST(常電導吸引型磁気浮上・リニアインダクションモーター推進)方式の低速型リニアモーターカー。藤が丘〜万博八草間8.9km(9駅)を約15分で結んでいます。リニモの最高速度は100km/h。リニアモーターカーを短縮してリニモ。可愛い速さなので、可愛い名前が付いたのかな?
乗ってみたら、車体が浮いているから、タイヤや車輪から受けるような振動はなくて快適。ただなぜかカーブが多くて横揺れが少ありました。
リニモ リニモ
会場内を散策してみましょう。長久手会場をぐるっとほぼ水平に一周している回廊をグローバル・ループといいます。全長2.6kmで、ここを歩けば会場全体を見渡すことができます。このグローバル・ループをゆっくりトラムが走っています。乗ってみようかなって思ったけど、歩いたほうが速そうなので乗るのはやめました(笑)
企業パビリオンが集中するあたりは大勢の人でしたが、少し離れると人影もまばらでした。みんな並んでるのかなあ??
トラム パビリオン 会場内
パビリオン

企業パビリオンはどこも長蛇の列。有名なパビリオンは2時間以上の待ち時間を覚悟しなくては入れません。1時間以内に入ることができたら運が良いと思いましょう(笑)
当日予約はあっという間に終了するし、整理券の発行に並んで待つというのもねぇ。
私は2カ所のパビリオンに並びました。たしかに感動でしたが。。。
パビリオン パビリオン
万国博覧会なんだから、外国の出展を見ないとねぇ。外国パビリオンは空いているところが多くて、ゆっくり見ることができます。とくにアジア各国はガラガラのところもありました。シンガポール館ではシンガポールを体験できるし、フィリピン館では無料でマッサージを受けられます。イギリス館は子どもも参加できる参加型だし、インド館のカレーも食べてみたかったです。アメリカ館に入るには金属探知器と手荷物検査があります。会場の入口でチェックやってるのになんでここでも? そんなに危険? 世界中から狙われてるの?
パビリオン 人がまばらなアジア各国の
パビリオン
パビリオン
お土産を買うためレジに
20分以上待たされました
MEMO

☆会場へはマイカー、電車、バスツアーのどれでも快適。一番安いのはバスツアーかな。リニモは意外と空いています。
☆会場には木陰や日陰はほとんどありません。夏場や梅雨時は辛いでしょう。とくに並んで待つのは地獄かも。
☆手作りお弁当は持ち込みOK。レストランは唖然とするほど高額だそうです。(私は弁当を持参しました)コンビニはあるけど、お昼は超満員。外国パビリオンで軽食というのも良いかも。
☆お土産は公式ショップで夕方以降に買うとレジに20分以上かかりました。パビリオンはパパに並んでもらって、その合間に買っておいて、コインロッカーにでも入れておけたら最高!
☆広いなぁ〜 って思った会場の面積は約173haだって。ちなみに大阪万博は約350ha。めっちゃ広かったんだ!


戻る